FC2ブログ

garden flowers
ベランダ+αで育てている植物の様子を紹介します。

今年のバラ

今年のバラは調子が悪い株が多くて、すっかり載せそびれてしまいました。
バタースコッチとピエール・ド・ロンサールはコガネムシの幼虫に
根を丸齧りされて瀕死状態。かなりショックです・・
植えなおしをした今も、調子がイマイチなので秋に買いなおすこともになるかも。。
 そんななか、今年もたくさん咲いてくれたのがカフェ。
グレーっぽい外弁~キャメルブラウンが美しいバラです*
a0540.jpg
a0543.jpg
a0542.jpg

20070545.jpg
ラベンダー・ピノッキオはこの花の後、枝葉が貧弱なのに
どんどん蕾を付けるので摘蕾中です。
20070544.jpg
フルフル。(今年は撮りそびれたので去年の写真です)
すーごくかわいいバラですが、うちでは花つきがイマイチで残念。
房咲きになるはずですが、いつも1枝に1輪なのは株の個体差なのかしら・・
5月は2~3りん位で、晩秋までポツポツと咲き続けます。
20070547.jpg
コーヒーオベーションとミミエデン。
20070549.jpg
グリーンスリーヴスの色変わり*
上が5/23でその4日後と、さらに4日後の色です。
どの段階もかわいくて手放せないバラ。
2週間以上咲き続けて最後はうどん粉が出て
切ってしまいますが、なかなか散らないバラです。

撮りそびれましたが、他にもフランシス・デュブリュウイやアイスバーグ、
ブルームーン、グリーンアイスの10株を栽培中。


スポンサーサイト




  1. 2007/06/17(日) 23:28:46|
  2. バラ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

バタースコッチ/ブルームーン

Butter Scotch
CL.’00.1定植。
フランシスが咲き終わった後、続いてバタースコッチが咲きそろってきました。
今年はいつもよりステムが長めで、枝垂れるように咲いています。
(花:5/16~、12号ロゼアポット)
a0506.jpg
黄色っぽい色なのに翳りがある、見飽きない色のバラです。
a0507.jpg
今年は早春の低温のせいか、ブラインドがすごく多いので
咲きそうなのは10りんだけ。
芽出しの頃は今までで1番いい状態だったので残念です。。
いまだにアブラムシが1匹もいないくらい病害虫ゼロですが
黄色くなって落ちる葉が多いのが気になるところ。。
a0522.jpg
Blue Moon
HT.’95定植。
初めて植えたバラ(ファーストローズと言うらしい)です。
あまり園芸に興味もなく、育て方を知らない頃だったので
始めの数年は施肥も剪定もろくにしませんでした。
その結果高咲きになっていて、咲いても横顔しか見えないので
いつも早々に切花にしてしまいます。
花壇に映えるガーデンローズに植え替えたいけれど、
思い入れのあるバラなので動かすことができないままです。。
a0523.jpg




  1. 2006/05/20(土) 23:11:45|
  2. バラ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

フランシス・デュブリュウイ

Francis Dubreuil
Tea.’02.8定植。
ネットができないでいる間に1番花が全て終わってしまった
今年のフランシスを紹介します。
ほとんど剪定せずに育てているので長く伸びていますが
枝が細くしなやかなため、バランスよく咲いてくれました。
やっぱりオールドローズはHTと違って自然な樹形が魅力的です。
(花:5/4~5/15、7号テラコッタ) a0503.jpg
気温が高い日があったせいか、花びらのフチが
焦げたようになって、早めに散ってしまったのが残念。
a0504.jpg
今年はそろって開花したので、ベランダ中にうっとりするような香りが漂っていました。
a0505.jpg




  1. 2006/05/18(木) 23:14:48|
  2. バラ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

バラの植え替え、石灰硫黄合剤

土曜日にやっとバラの植え替えと消毒作業を終わらせました。
1月に10鉢分は済ませていたし、土を少し崩して植え替えるだけなので
さくさくと作業は進行。
筆で1枝ずつ石灰硫黄合剤を塗る方がたいへんでした。。
来週剪定をしたらバラの作業はひと段落です。

植え替えは去年もしたので、今年は1鉢ずつ様子を見ての作業に。
今年植え替えた鉢にはコガネや癌腫は見つからずほっとしましたが、根張りが
いまいちのグリーンスリーヴスとミミエデン、フルフル、去年コガネ虫の幼虫に
やられて重症のラベンダーピノッキオが要注意です。
a0116.jpg
12号鉢に植えてあるバタースコッチの根鉢。
去年、鉢底石と違ってヤシのチップは底まで根を張れると聞いて試しに使って
みました。根腐れも起こさず、まずまずの根張りだったので今年も採用です。

去年の用土は、日○ばら園の堆肥5、硬質鹿沼土3、真砂土2、
珪酸白土とくん炭が少しでした。
今年は去年の残りの堆肥を使うので、水はけを考えて日○ばら園の堆肥は
3にして、牛ふん堆肥を2に。根の状態はだいたい良かったものの、
去年はシュートの出が悪かった・・・
今年で日○ばら園の堆肥を使い切ったので、来シーズンはどうしようか。。
皆はどんな用土を使ってるのか気になるこの頃です。


...read more
  1. 2006/02/12(日) 22:44:29|
  2. バラ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

グリーンスリーヴス/ミミエデン

Greens Leeves
FL.’02.12定植。
初めはペールピンク+クリーム色で、だんだんライム色になっていく
アンティークな感じのバラ。
花持ちがとても良いのですが、今年はライム色になったあたりで
うどん粉が発生して切ってしまいました。
(花:5/16~5/31、H50cm×W85cm、9号テラコッタ)
20050531173701.jpg

Mimi Eden
’03.10定植。
とにかくうどん粉がすごくて参ってます。
今まで罹らなかったバラにまで移ってしまうので庭に隔離中。
竹酢液で湿らせたティッシュで拭き取るだけでは追いつかず
ハンドスプレーの農薬を買いました。
出てからでは遅いのでこれからは予防しなくては。。
(花:5/19~、H50cm×W45cm、9号テラコッタ)
20050531173649.jpg




  1. 2005/06/01(水) 21:38:50|
  2. バラ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

カフェ

FL.’02.12定植。
オレンジ色を含んだベージュブラウンのシックなバラ。
去年まではもっとオレンジ色が強く出ていましたが今年は落ち着いた色合いで咲きました。
HTのような端正さはありませんが、くしゅっとしたルーズな咲き方が好きです。
(花:5/16~、H45cm×W85cm、10号テラコッタ)
20050531173518.jpg

20050531173531.jpg

20050531173747.jpg
横張りぎみの樹形。
うちでは1番丈夫で、うどん粉病にも黒点病にも強かったのですが
今年は花茎(子房?)の部分だけにうどん粉が出てしまいました。。


  1. 2005/05/31(火) 20:57:11|
  2. バラ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4

ピエール・ド・ロンサール

CL.’01.4定植。
ころんとした形にピンク~アイボリーのグラデーションがかわいいつるバラ。
4年目の株ですがシュートが出ず、花数が減ってきているのが悩みです。
今年は植え替え・鉢増しをしたのでベーサルシュートを期待!
(花:5/16~6/13、H105cm×W65cm、12号テラコッタ)
20050531173627.jpg
このくらいの開き加減が一番きれい。
20050531173614.jpg
照り葉のせいかうどん粉病にも強いようです。


...read more
  1. 2005/05/31(火) 20:56:00|
  2. バラ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

フルフル

HT.’02.12定植。
FrouFrouとはフランス語で衣ずれ、羽ずれの音のこと。
デリケートな感じの肌色の花びらは開くのがゆっくりで、花もちも抜群です。
花付きはいまいちですが、色んな表情が楽しめるバラ。
ポツポツと連続開花もします。
(花:5/23~6/6、6/15~6/26、H30cm×W45cm、7号テラコッタ)
20050527170613.jpg
今年の植え替え時に癌腫を発見(泣)。やはり成長が悪く、咲いたのは1輪だけでした。
20050526165039.jpg
昨年、一昨年のフルフル。本来はベージュピンクですが、気温が上がると
サーモンピンクになります。外弁が痛んだ感じなのも好み。
20050526165051.jpg
開くと小ぶりのイングリッシュローズのよう。
右は外側が緑がかって咲いた12月の花です。


  1. 2005/05/27(金) 19:14:44|
  2. バラ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

コーヒーオベーション

Min.’02.12定植。
去年までは咲き始めの色が赤っぽかったんですが、今年は渋い色で咲いてくれました。
咲き進んで退色してもシックなので長く楽しめるバラ。
葉っぱも端正で、病気にも強く、四季咲き性も強いお気に入りのバラです。
(花:5/16~6/5)
20050517151909.jpg

20050520211758.jpg



...read more
  1. 2005/05/20(金) 21:31:51|
  2. バラ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

フランシス・デュブリュイ

Francis Dubreuil
Tea.’02.8定植。 
これから1ヶ月間はバラが次々に咲くベストシーズンです♪
まずは毎年1番目に咲くフランシス・デュブリュイ。
8cm程の中輪の花が、横はりする枝にうつむきがちに着きます。
気温のせいか去年よりも明るめの色で咲きましたが、
今年は花数も多くてベランダに出るとふわ~っといい香りがしますv
「気ままに」のowlさんも書いてらっしゃるとおり、
咲き始めが一番深い色で香りも濃厚です。
(花:4/30~、H80cm×W90cm、7号テラコッタ)
20050509165832.jpg

20050509165844.jpg
うちにある唯一のオールドローズ。草花に馴染む樹形にこの香り!
場所が許せばもっと増やしたい。。



  1. 2005/05/10(火) 18:54:59|
  2. バラ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2
次のページ